Travel

【自分で申請】ロシア留学ビザの取得方法を分かりやすく解説

「ロシアのビザを取得したいけど申請の仕方がわからい・・・」

おそらく、ロシア留学の準備の中で難関のひとつがビザの申請です。

実は、やり方さえ知っていれば、ロシアのビザ申請は、誰でもできます。

わたしも自分でビザ申請をしましたが、ネットにロシアのビザ申請についての情報がほとんどなく、申請の準備に苦戦しました。

ですが、実際に申請してみると、難しいコトはほとんどありませんでした。

今回の記事では、『留学ビザを取得する方法』から『自分でビザを申請する方法』まで詳しく説明します。ロ

シアビザを取得する上での注意点も紹介するので、ロシアのビザ申請の流れが具体的にすべてわかります。

そして、ロシアの留学ビザをササッと取得しましょう!

ロシア留学ビザを取得する3つの方法

自分でビザの申請をする

自分ですべての書類を揃えて、ロシア大使館・領事館で直接ビザの申請をする方法です。

ビザの申請ができる場所は、以下の4ヶ所です。

在日ロシア連邦大使館領事部
在札幌(北海道)ロシア連邦総領事館
在大阪ロシア連邦総領事館
在新潟ロシア連邦総領事館

この方法は、無料でビザを取得できる唯一の方法です。

留学ビザの場合、申込みから6営業日以降の受け取りであれば、ビザの申請手数料はかかりません。

無料でビザを取得できますが、大使館や領事館でのビザの申請には、事前予約が必要です。

その上、申請の受付時間は、平日の9時30分から12時30分までなので、授業がある学生が申し込むのは難しいです。

また、申請に必要な書類をすべて自分で揃えなければならないので、ハードルは高いです。

ロシアビザセンターで申し込む

2019年4月に在日ロシア大使館が設立した『ロシアビザセンター』で、ビザを申請する方法です。

ビザ申請者へのサービスの向上を目的に設立され、ロシア大使館へのビザの申請から受取りを代わりに行ってくれます。

郵送でのビザの申請も可能なので、申請に必要な書類さえ準備すれば、家にいたままビザの申請ができます。ま

た、ロシアビザセンターで直接、ビザの申請をするコトも可能です。

利用料金は、ロシア大使館へのビザ申請手数料のほかに、サービス手数料が4,500円かかります。

その他にも、郵送サービス申請書作成サービスなどの利用にも追加料金がかかります。

書類の受付は9時から15時まで可能で、『大使館の申請受付時間には行けない』という人にオススメの方法です。

基本情報

  • 運営会社:Interlink Japan LLC
  • 住所:107-0052 東京都港区赤坂1‐3‐5 アビタシオンビル7F
  • 営業日:月曜日~金曜日
  • 営業時間:9時〜16時
  • TEL:03 (6555) 5285
  • E-mail:tokyo@interlinkservice.ru

留学エージェント(斡旋会社)で申し込む

留学エージェント(斡旋会社)に、代行でビザの取得を依頼する方法です。

ビザ取得のほかに、必要な書類の翻訳や留学先の学校との交渉などを、留学に必要なコトをすべてをお願いするコトができます。

紹介した3つの方法の中で、一番費用はかかりますが、一番簡単な方法です。

留学ビザの申請に必要な書類

留学ビザ申請に必要な書類は、以下の5つになります。

・ロシア内務省移民局(前ロシア連邦移民サービス)によるロシア連邦入国のための招聘状の原本、またはロシア外務省の決定書。

・2ページ以上、ビザのための空白のページが残っていて、ビザが効力を発してから18ヶ月以上有効期間が残っている海外渡航用パスポート。

visa.kdmid.ruのサイト上で作成されたビザ申請書にプリントアウトし、申請者の署名がされたもの。

・3.5×4.5センチ、背景が無地の明るい色で、サングラスやカラーレンズ付きメガネ、帽子を着用していない状態で顔全体が正面から鮮明に写っているカラー写真(民族的・宗教的な理由から帽子付きでパスポート写真に写っている人物は例外とする)。

・外国籍者がHIVに感染していないことを示す証明書(提出日の前90日以内に行われた血液検査に基づく証明書)ビザの有効期間が90日以上の場合のみ。

在日ロシア連邦大使

招聘状

留学先の学校が準備する、ビザ申請に必要な書類です。

招聘状は、国際郵便やメールなどの方法で送られてきます。郵便で送られてきた場合は必ず原本を申請に持って行きましょう。

パスポート

海外に行くには、必ず必要なパスポートです。

ロシアのビザ申請には、18ヶ月以上の有効期限が残っていて、ビザを貼り付けるためのページが2ページ以上あるパスポートが必要です。

すでにパスポートを持っている人も、有効期限を確認しておきましょう!

ビザ申請書

ビザの申請書は、専用サイトから作成できます。

日本語にも対応しているので、パスポート番号など必要な情報を入力するだけで、簡単に申請書を作成できます。

完成した書類を印刷したあと、顔写真の貼り付け直筆の署名が必要なので、忘れないようにしましょう。

また、ビザの申請先を選択する欄には、必ず自分が申請書を提出する場所を選択しましょう。間違った場所を選択すると、申請書を受け付けてもらません。

顔写真

ビザ申請書に貼り付ける、3.5×4.5センチのカラー顔写真です。

パスポートの申請に必要な顔写真と同じサイズなので、留学をキッカケに新しくパスポートを申請する場合は、顔写真を多めに用意しておきましょう。

この顔写真は、ビザにも印刷されます。

非エイズ診断書

血液検査に基づく、HIV(エイズ)に感染していないコトを証明する書類です。

ビザの有効期間が90日以上の場合のみ提出が必要になっています。ですが、日本で発行される留学ビザの有効期間は、最大で90日なので、ほとんどの人は必要ありません。

ビザ申請にかかる料金

ロシア大使館での留学ビザ申請にかかる料金は、以下の通りです。

ビザの受取日3営業日以内4-5営業日以内6営業日以上
料金10,000円4,000円無料

大使館では、銀行振込またはクレジット払い(VisaかMasterCard)でしか、料金を支払えません!

ロシア留学ビザ取得の注意点

日本で発行されるロシアの留学ビザは、『シングルビザ』と『ダブルビザ』の2種類しかありません。

・シングルビザ:1回のみ、ロシアに入国できる。
・ダブルビザ:2回、ロシアに入国できる。
・マルチビザ:有効期間内なら何度でも入国できる。

また、日本で交付される留学ビザは、最大で90日分しか発行できません。

なので、3ヶ月以上の長期留学やロシアに何度も往復する予定の人は、ロシア国内でのビザの延長が必要です。

ロシア国内でビザの更新をすると、最大で1年間有効のマルチビザの取得ができます。

ロシア大使館でのビザ申請までの流れ

実際に、ロシア大使館でのビザ申請までの流れを説明します。

必要な書類の準備

ビザ申請に必要な書類を準備します。留学ビザの申請に必要な書類は、以下の通りです。

・招聘状
・パスポート
・ビザ申請書
・顔写真(3.5×4.5センチ)
・非エイズ診断書(必要な人のみ)

準備に手間や時間がかかる書類が多いので、早めに準備を始めましょう!

ロシア大使館の申請予約

2019年6月3日からロシア大使館で直接、ビザの申請をする場合は、事前予約が必要になりました。

予約は、ロシア大使館の専用ページからできます。英語ロシア語にしか言語対応していませんが、スマホやパソコンの翻訳機能を使えば、誰でも予約できます。

予約の流れは、専用ページで名前や電話番号を入力し、アカウントを作成してから日時を予約します。

アカウント作成はすぐにできますが、問題は申請日時の予約です。

ビザの申請の多い夏休みの時期は、もともと予約枠が少ないコトもあり、すぐに予約がいっぱいになります。

予約用のアカウントを作成すれば、いつでも予約状況を確認できるので、ビザ申請をしたい日時が決まっているなら定期的に確認しましょう!

ビザの申請

予約した日時に、ロシア大使館へ向かいましょう。

予約した時間はあくまで目安なので、予約した時間の30分前には必ず大使館にいるコトをオススメします。

入り口には係員などは立っていないので、そのまま建物の中に入りましょう。

入り口がわからなければ、近くにいるお巡りさんに聞くと教えてくれます。

建物の中には、3つの窓口と待合室があります。

壁に貼ってある予約者名簿を参考に、タイミングを見計らって窓口の前に並びましょう。

窓口は3つありますが、実際に使われているは1つだけなので窓口の近くにいれば大丈夫です。

自分の順番になったら、申請書類をすべて提出して下さい。何か聞かれるコトもありますが、大使館の職員は日本語が話せるので安心して答えて下さい。

ビザ申請手数料を支払う必要のある人は、書類を提出したあとに料金の支払いです。

料金の支払い方法は、銀行振込クレジットカード払い(VisaMasterCard)2種類のみです。

すべてが無事に終わると、受理証明書(RECEIPT)が渡されます。ビザが出来上がる日付も記載されています。

ビザの受け取り

出来上がったビザを受け取れるのは、平日の9時30分から12時30分の間です。

窓口に受領証明書を提出すれば、ビザの貼り付けられたパスポートが受け取れます。ビ

ザに記載された名前や生年月日、パスポート番号に間違えがないか確認しましょう。

万が一、間違えがあれば、すぐに申し出ましょう!

まとめ

<ロシアビザの取得方法>

  1. 自分でロシア大使館・領事館で申請
  2. ロシアビザセンターで申請
  3. 留学エージェント(斡旋会社)にまとめて依頼する。

<留学ビザ申請に必要な書類>

  • 招聘状
  • パスポート
  • ビザ申請書
  • 顔写真(3.5×4.5センチ)
  • 非エイズ診断書(必要な人のみ)

<ビザ申請の注意点>

  • 自分でビザを申請するには事前予約が必要。
  • 日本で取得できる留学ビザは最大90日のシングルorダブルビザ
  • 大使館での支払いは銀行振込orクレジットカード(VisaかMasterCard)

おわりに

申請に必要な書類さえ揃っていれば、誰でも、ロシアビザの取得はできます。

早めに余裕を持って書類を揃えて、無料でビザを取得しましょう!

-Travel
-,