Travel

【ロシア】モスクワの丸亀製麺に行ってきた(メニュー・店内・注文方法)

【ロシア】モスクワの丸亀製麺に行ってきた(メニュー・店内・注文方法)

こんな方におすすめ

  • ロシアの丸亀製麺について知りたい方
  • モスクワで日本食を食べたい方
  • ロシアに旅行・出張する方

モスクワにある「丸亀製麺 ベラルースカヤ店」に行ってきました!!

お手頃価格で美味しいうどんが食べられる丸亀製麺ですが、実は海外にも店舗を持っています

しかも海外店舗には、日本のいつものメニューに加えて、海外限定メニューもあります。

 

この記事では、そんなロシアの丸亀製麺について紹介します。

メニュー・料金から注文方法、店内の様子まで、写真付きで詳しくリポートしていきます。

 

ぜひ、モスクワの丸亀製麺で「日本のいつもの味」や「海外限定メニュー」を食べてみてください!!

ロシアの丸亀製麺(Марукамэ)とは

【ロシア】丸亀製麺べラルースカヤ店の看板
「丸亀製麺べラルースカヤ店」の看板

ロシアの丸亀製麺(Марукамэ)は、2013年にモスクワに一号店がオープンしました。

現在では、モスクワ市内に7店舗が営業しています。

ロシアのほかにも、中国、アメリカ、タイ、ベトナム、韓国などの10カ国に店舗があります。

ロシアは、5カ国目に進出した海外の店舗となっています。

店舗名住所営業時間
丸亀製麺 アトリウムショッピングセンター店4th floor, Zemlyanoy Val, St. 33, Moscow, 10506411:00 - 23:00
丸亀製麺 ウニヴェルシテェト店Jawaharlal Nehru Square 1 Shopping center University 2nd floor, Moscow, 11931111:00 - 23:30
丸亀製麺 アエロポルト店Leningradskii prospekt 47, Moscow, 12703011:00 - 23:30
丸亀製麺 メンデレエフスカヤ店Sushchovskaya 29-2 Business center "Atmosphere", Moscow, 12703011:00 - 23:30
丸亀製麺 ノヴォクズネツカヤ店Pyatnitskaya st. 29, Moscow, 11518411:00 - 23:00
丸亀製麺 べラルースカヤ店4th Lesnoy pereulok, building 4, Moscow, 12504711:00 - 22:30
丸亀製麺 アフトザヴォーツカヤ店Leninskaya sloboda 17, Moscow 11528011:00 - 23:30
ロシアの丸亀製麺(Марукамэ)の店舗一覧

今回は、「丸亀製麺 ベラルースカヤ店」に行っていきました。

丸亀製麺 ベラルースカヤ店

  • 住所:4th Lesnoy pereulok, building 4, Moscow, 125047
  • 営業時間:11:00 - 22:30
  • 最寄り駅:べラルースカヤ駅(地下鉄2号線・5号線)

最寄りのベラルースカヤ駅は、シェレメーチエヴォ国際空港まで市内から直接アクセスできる列車「アエロエクスプレス」の出発駅になります。

シェレメーチエヴォ国際空港には、日本航空(JAL)やアエロフロート・ロシア航空が就航しています。

そのため、「丸亀製麺 ベラルースカヤ店」は、訪れやすいモスクワの店舗の一つかなと思います。

【ロシア】丸亀製麺のメニュー・価格

【ロシア】丸亀製麺べラルースカヤ店のメニュー
メニュー表

気になるメニューですが、日本とは少し異なります。

日本にもあるメニュー

  • 釜揚げうどん(Удон камааге):160ルーブル
  • かけうどん(Удон каке):180ルーブル
  • 牛肉うどん(Удон с говядиной):330ルーブル
  • 野菜かき揚げ(Какиаге):80ルーブル
  • えび天(Эби тен):90ルーブル

ロシア限定メニュー

  • トムヤムうどん(Удон том-ям с креветками):390ルーブル
  • 照り焼きチキンうどん(Удон с курицей терияки):310ルーブル
  • 海鮮焼きうどん(Якиудон с морепродуктами):360ルーブル
  • 餃子(Гёдза)4個:250ルーブル
  • カニカマ天(Каникама тен):90ルーブル

一例を紹介すると、上記のようなロシア(海外)限定メニューが販売されています。

日本ではメニューにない、カルフォルニアロールやサラダ、丼もの、チャーハンなどのメニューがありました。

その他にも、抹茶ケーキラムネも販売されていました。

私が一番驚いたのは「うなぎのおにぎり」でした。

うどんのサイズは、日本の「並・大・得」といったサイズはなく、すべてワンサイズでした。

実際に食べた感じの麺の量は、並と同じくらいの量かなと思いました。

価格は、日本より若干安くなっています。

実際に、ロシア丸亀製麺のメニュー価格は、下記のようになっています。

  • 釜揚げうどん:160ルーブル(≒240円)
  • かけうどん:180ルーブル(≒270円)
  • 肉うどん:330ルーブル(≒495円)
  • 野菜かき揚げ:80ルーブル(≒120円)
  • えび天:90ルーブル(≒130円)

※1ルーブル=1.5円で計算

日本円に換算すると若干のお得感はあります。

ですが、モスクワの平均月収(約9万ルーブル≒約13.5万円)を考えると、現地で暮らす人々にとっては値段は少し高めのようです。

メニューの一覧は、ロシア丸亀製麺の公式サイトで見ることができます。

ロシア語ですが、写真付きで紹介されています。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください!!

ロシア丸亀製麺のメニュー

【ロシア】丸亀製麺の店内・注文方法

ロシアの丸亀製麺:注文方法

【ロシア】丸亀製麺べラルースカヤ店の厨房
厨房の様子

注文の方法は、日本と同じです。

店員さんに食べたいメニューを伝えます。

調理スペースは、日本の丸亀製麺と同じオープンキッチンになっています。

いつものお盆を持ちながら進むカウンターもあります。

注文の流れ

  1. カウンターで商品の注文
  2. 商品の受取
  3. お惣菜(天ぷら・おにぎり等)を自分で選ぶ
  4. お会計
  5. 薬味・お茶をトッピング(セルフサービス)

注文は、上記の流れになっています。

メニューには、日本語の表記もありました。

店員さんは、ロシア人よりウズベキスタン、キルギス、タジキスタンといった中央アジア出身の方が多かったです。

ロシアの丸亀製麺:店内

【ロシア】丸亀製麺べラルースカヤ店の店内
「丸亀製麺べラルースカヤ店」店内の様子

「丸亀製麺 ベラルースカヤ店」は、約100席ほどある広い店舗となっています。

席は、2〜6人掛けのテーブル席となっていました。

「丸亀製麺べラルースカヤ店」にオフィス街の中にあります。

そのため、サラリーマンの昼食の時間帯になると、店内はとても混雑していました。

もし訪れるのであれば、12時〜13時の時間帯は避けるのがオススメです。

【ロシア】丸亀製麺べラルースカヤ店の店内の壁紙
店内の壁紙

店内の壁紙は、日本をイメージしたようなデザインとなっていました。

日本のサラリーマンや制服姿の女子高校生、力士などが描かれています。

ロシア人の日本のイメージはこんな感じなんですかね・・・。

【ロシア】丸亀製麺べラルースカヤ店のトッピング・薬味コーナー
トッピング・薬味コーナー

もちろん、無料のトッピング・薬味コーナーもあります。

トッピング・薬味

  • 天かす
  • 刻みネギ
  • すりおろし生姜
  • わさび

醤油は、各テーブルに用意されていました。

また、ロシアの丸亀製麺には、フォークやスプーンも用意されています。

海外店舗ならでは!

ロシア人のお客さんでも、箸でうどんを器用に食べている人も結構多くいました。

ちなみにお箸は、注文時に渡されます。

お茶が無料

ロシアの丸亀製麺で一番驚いたのが、無料のお茶が用意されていたことです!

お茶は、温かいジャスミン茶でした。

ロシアのレストラン・カフェでは、飲み物(水も含めて)は有料です。

まさか、無料の飲み物までが用意されているとは思いませんでした。

返却口はない

日本のように食器の返却口はなく、自分が食べた食器を片付ける必要はありません

食事のあとは、そのままお店を出て問題ありません。

店員さんが、食器を下げてくれます。

【ロシア】丸亀製麺の気になる味は・・・?

【ロシア】丸亀製麺べラルースカヤ店の「温玉照り焼きうどん」と「ナス天」
「温玉照り焼きうどん」と「ナス天」

今回は、下記の商品を注文しました。

注文したメニュー

  1. 温玉照り焼きうどん:340ルーブル(≒510円)
  2. トムヤムうどん:390ルーブル(≒585円)
  3. ナス天:90ルーブル(≒135円)

合計:820ルーブル(≒1,230円)

※1ルーブル=1.5円で計算

どちらも海外限定メニューです!

温玉照り焼きうどんは、久しぶりに出汁(ダシ)が効いたスープを飲んだなと思いました。

半熟たまごも、黄身がキレイにとろけていました。

【ロシア】丸亀製麺べラルースカヤ店の「トムヤムうどん」
「トムヤムうどん」

トムヤムうどんは、日本でも食べたいなと思うくらいスープと麺の味がマッチしていました。

エビもプリプリでした。

もやしのシャキシャキ感がいいアクセントになっています。

ですが、麺は日本より柔らかいと感じました。

麺のコシがあまりないといった感じですかね。

ただ味は、どちらも美味しかったです。

まとめ

今回は、ロシアの丸亀製麺についてリポートしました。

まとめ

  • ロシアには、7店舗が展開している
  • 海外店舗限定メニューがある
  • 注文方法は日本と同じ
  • 料金は日本と同じくらい
  • 食器は片付けなくてよい

モスクワで、気軽に日本食を楽しむことができます。

ぜひ、ロシアの丸亀製麺で「日本のいつもの味」や「海外限定メニュー」を食べてみてください!!

-Travel
-